スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずいろきんぎょ 後編

この回で完結です(^-^)

9.


けれど くるみは しゃしんのママを見て またさびしさを 思い出してしまったようでした。
目になみだをいっぱいに ためています。
みのるは かわいそうになって くるみのあたまをなでてやりましたが なみだがぽろんと床におちました。

ぴちょん。

「ほら 泣いているばあいじゃありませんよ。水色きんぎょは また一階に行ってしまったようです」
ねずみが大声を出したので くるみは顔をあげました。
「いっかい?」
「そうです 一階のキッチンで 音がしました」

くるみはなみだをぬぐい うれしそうに一階に走って行きました。
「帽子もないのに 大きな声を出して すみません。さあ ぼっちゃん 下に行きましょう」
ねずみは じぶんのあたまを ひとなでして 走って言ってしまいました。

あのねずみは たいせつな帽子を どこかでなくしたのかな。
みのるは そんなことをちらりと思いながら 自分もキッチンへ向かいました。

10.


キッチンは まるで朝もやのように 白くけむっていました。
くるみが手をのばしても けっしてとどかないはずの 冷凍庫のとびらが 開いています。

「きんぎょさんが 入っちゃったのかな」
つま先立ちで くるみがのぞき込んだ 冷凍庫の中は ひんやりとした冬の朝でした。
たくさん雪がつもった日に ふたりで作った小さな雪だるまがふたつ 今もちょこんと その中に並んでいます。
ママが入れておいてくれたのです。

「なかよしですね」
ねずみが寒さにふるえながらそう言うと 「でも 水色きんぎょさんが いないよ つまんない」と くるみは ごきげんななめです。
あのゆきだるまを作ったことも くるみは覚えていないのかもしれない。
すこしさびしい気持ちになりながら みのるが冷凍庫のとびらをしめると キッチンは まっくらになってしまいました。

外では まだ風がうおーんと おそろしくうなり おびえたくるみがそっと みのるに体をくっつけました。

ぴちょん。

音がしました。
「おふろばですね。こんどこそ まちがいありません」
ねずみが 元気に そういいました。

11.

おふろの中は ふわふわのしゃぼんで いっぱいでした。
今日だけ ママは そうじを忘れてしまったのでしょうか。
それとも たった今 だれかがこの中で 遊んでいたのでしょうか。
浴槽の中から 雲のようにまっ白い泡が ぷくぷくわき上がって ゆれています。

「水色きんぎょ この中かな」
声をはずませて くるみが 浴槽のなかを のぞきこみました。
「あぶないよ くるみ」
そう言ってかけよると ねずみも同じようにかけよって 浴槽のふちに トンと飛び乗りました。
「おじょうちゃん あぶないですよ  あっ!」

けれども すべってしまったのは あわて者のねずみのほうでした。
あっというまに その小さな体は あわの中にぼすんとおちて 見えなくなってしまいました。

「ねずみさん!」
くるみは大きな声をあげ みのるもあわてて手を あわの中に突っ込んで ねずみをさがしました。
けれども、どんなにかき混ぜても 手には何も触れません。

ぴちょん。

12.


風でも吹き込んだのでしょうか。
とつぜん みのるがかきまぜていた泡がすべて ぶわっと天上に まい上がりました。
からっぽになった浴槽の中に ねずみの姿は ありません。

まいあがった白いあぶくは 大きなたくさんのしゃぼんになり きらきら光ながら ふたりをつつみこみました。

あか あお きいろ みどり むらさき。
虹色の肌をしたしゃぼんは くるみのお気に入りです。
ふたりでおふろに入ったときは いくつも いくつも みのるは いもうとのために シャボン玉をつくりました。

目をきらきらさせながら だいすきなシャボン玉を見ていたくるみが かべを指さしました。

「ねずみさん!」

13.


かべには ずっと前 みのるがペンでらくがきしたねずみの絵が ありました。
くるみが大好きだった 子ども番組のねずみを まねて描いてあげたのです。
けれどなぜか ちっとも似ていなくて くるみに笑われました。
あとで気づいたのですが トレードマークの シルクハットを 描き忘れていたのでした。

ママに見つかって しかられて 消されそうになった らくがきでした。
でも くるみがそのとき 泣いてママにお願いしたのです。

このねずみは消さないで。おにいちゃんが描いてくれた くるみのねずみだから! と。


14.

ぴちょん。

ふわりと くうきがゆれて からっぽの浴槽から ヒラヒラと なにかがはね上がりました。

「水色きんぎょ!」

くるみのうれしそうな声も とびはねました。
しゃぼんのあいだを 泳ぐように くうきにとけてしまいそうな あわい水色のきんぎょが ふわりふわりと 尾ひれを ゆらしています。

ぼんやりと見つめてしまうほど それはそれは きれいな金魚でした。
ひらひらと ゆらゆらと ふたりのあいだを 楽しそうに およぎます。

くるみが 言いました。
「水色きんぎょ いたね おにいちゃん くるみ もうさびしくないよ」

外はもう、あらしが行ってしまったのか とてもしずかでした。
金魚はゆっくり 泳いだあと ぴちょん と 跳ねて またしゃぼんの泡のように 消えて見えなくなりました。

その時 玄関の方で 音がしました。パパとママの声がします。

「水色きんぎょ 見えなくても いつもそばにいるよね おにいちゃん  ありがとう」
くるみはそう言って笑うと 玄関の方に走って行ってしまいました。

15.

みのるは すこしてれたように「うん」と言い そして さっき死なせてしまった赤い金魚に 「ごめんね」と もういちど 心の中で あやまりました。

それから クレヨンを取り出すと かべのねずみに シルクハットをかぶせてやりました。

「ありがとうね ねずみさん」
かべのねずみが うれしそうに笑ったように 思えました。

玄関の方から うれしそうに はしゃぐ くるみの声が聞こえます。

「ねえママ 今日からは ちゃんとお部屋でねむるよ。くるみ おにいちゃ
んと いっしょがいいの」

ぴちょん。

【おわり】



***
読んで頂いた方の中になにか心残る
ものがあれば幸いです(^-^)




絵本別館の他に雑多詰め込み海外ブログ
「ナユのサバイ部屋」もありますので
よかったらみてやってください( ̄▽ ̄)
タイ バンコクでの生活とうまいもん、
イラストを多数用意しております♪
ナユのサバイ部屋inバンコク
宜しくお願いします☆\(^o^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。